« 今年最後の絶景かな!? | トップページ | 復活のマシーン! »

2008年12月22日 (月)

縦長のグラス


08122201

 「どこか特定のレストラン」の話ではないのだが、外食をしていて時々思う事。

 外食の時、子どもには「何か」飲み物を注文する時があります。子ども用のメニューには「ドリンク付き」なんてことも珍しくないので、子ども自身も「外食の時はドリンク付き」と思い込んでいる節もあるような・・・。

 で、実際飲み物が出てくると、上の写真のような

「背の高いグラス」

 でそのドリンクがやってきます。普通のメニューならともかく、子ども用のセットメニューでも起こるこの現象に、いつも少々悩まされます。

グラスを倒すんじゃないかと、ハラハラ、ドキドキ!

 外食はただでさえ気を使う上に、このグラスが運ばれてくると、さらに緊張感が増幅されます。視界の片隅で、そのグラスの向こうに置かれている何かに、突然。子どもの手が伸びて行くのを察知すると、声が出そうなくらい「ドキッ!」とすることさえあります。

08122202 「危ないかな」と思ってグラスを遠くに置くと、今度はそれと飲もうとした時、何故か、最初にストローの方に手を伸ばすんですよね。ただでさえ安定感の悪い高いグラスの上の方に手をかけて、自分の方に近づけようとするので、結果、グラスは斜めに傾き、やっぱり、ヒヤッとします。
 おまけに子ども用の高いイスの時ならともかく、普通のイスだと、ストローの先がおでこぐらいの位置に来てしまうので、そこに口を付ける時に、どうしても背伸びをするか、グラスを傾けるかしなければならず、親から見ると、これも同様に極めて心臓に悪い所作なんです。

 もっと子どもを信用すれば良い事でもあり、我が子の成長を温かく見守ろう、とは考えても見ますが、やはり現実問題として、子どもの着替えの持ち合わせもない外出先で、ジュースなどをひっくり返されたりすると、何とも煩わしい気持ちにもなってしまい、思わず小言の一つも飛び出してしまいそう。

 子ども相手のこの背高グラス、何とかなりませんか?



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  第19回 富嶽ビエンナーレ展に入選しました!
  入選作も公開中!

   http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html
  

私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
   http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/




|

« 今年最後の絶景かな!? | トップページ | 復活のマシーン! »

美味いもん」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/26393094

この記事へのトラックバック一覧です: 縦長のグラス:

« 今年最後の絶景かな!? | トップページ | 復活のマシーン! »