« アドベント・カレンダー | トップページ | 最近の仕事 »

2008年12月 3日 (水)

ペーパークラフト

08120301

 年に一つぐらいのペースでこんなペーパークラフトを作っています。もともとプラモデルを組み立てたりするのは好きなんですが、絵描きのくせに塗装が苦手なうえ、それがめんどくさいので最近は全然作っていませんでした。
 そこでその代替えとして手をつけたのがペーパークラフトで、これなら今時ネット上を探せば、いろんな型紙がフリーでダウンロードでき、しかもすでに塗装済み。最近のものはペーパークラフトとは思えない程、クオリティーの高い製品もあり、充分満足できる仕上がりが期待できます。その分高度なテクニックも要求されたりもしますが。

 今回作ったのはプリンターメーカーの大手、Canonで立ち上げているCreative Parkの中にあったオフロードダンプトラックです。
 工事車両シリーズは子どもにも人気があるのか、検索すると色々引っかかるのですが、知る範囲では今回作った物が、細部まで作り込んであって、出来も良かったようです。

08120302 一応タイヤも動くし荷台もダンプするというギミック付きの優れものです。造形としての目玉は荷台下の補強のための凹凸で、この辺りがしっかり作り込まれているおかげで、オフロードダンプトラックの重量感やスケール感が伝わってきます。ただ技術がつたないため、キレイに作ることができませんでした。

 ただ残念な所が2、3あり、その最たる所が型紙に余白が多過ぎて、紙が無駄に使われていることで、総枚数が20枚ですが、もっと上手く埋め込めば15枚くらいには出来たはず。いくらプリンターメーカーだからとは言え、この無駄はちょっと許せません。

 おまけに自分で修正を加えようと思ったら型紙のPDFにロックがかかっていて自分で開く事が出来ません。
 セキュリティーや著作権も大切なのもわかりますが、何の悪意も持たない者に取っては、せっかくのやる気に水をかけられるみたいで、ちょっとがっかりです。

 様々な驚きと感動と不平不満の中完成します。たまにしか作らないので、スキルがアップして「もうミスはしないぞ」と思った頃に完成してしまうのはいつもの事です。
 今度は何を作ろかな?

08120303




中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  web版「中野修一 絵画展」も公開中!

  
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html
  


私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
  
http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/


|

« アドベント・カレンダー | トップページ | 最近の仕事 »

趣味」カテゴリの記事

おもちゃ/玩具」カテゴリの記事

コメント

ひでさん 様
コメントありがとうございます。

もともとプラモの方が好きでしたが、「塗装」という難関がネックとなり、今はすっかり塗装要らずのペーパークラフトの方に傾いてきてます。

やはりあまり簡単過ぎると、完成しても「所詮はペーパークラフトだろ!」という物にしかならないので、ちょっと難しそうなモノに挑戦してます。

先日作ったシーラカンスなんかも、微妙な曲線が見事に表現されてて、遠目に見ると、ちょっと感動するくらいリアルでしたよ。

ひでさんも色々と作ってみて下さい!

投稿: 中野 | 2010年12月21日 (火) 06時27分

私も作りたいと思いつつも浜永の無料ペーパークラフトサイトから大量にダウンロードしたままになってます。

それでも、Canonのサイトからソリに乗ったサンタクロースを今年作りました。

トナカイが難しく、疲れました。やはりある程度難しくないと達成感がないですね。

ハクトウワシなんか、ものすごくかっこいいけどそれなりのスキルが試されます。

投稿: ひでさん | 2010年12月20日 (月) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペーパークラフト:

« アドベント・カレンダー | トップページ | 最近の仕事 »