« ちょっと行ってきます! | トップページ | こんな風に描いてます/その4 »

2008年11月13日 (木)

列車、故障!

08111301

 今回の旅は、中身はともかく、交通機関についてはいろいろと予想外の事がありました。まずは軽くその辺りから。

 秋田発の東京行きの始発の新幹線に乗るためには、片道1時間の最寄りの駅まで自動車で行かなければならない、ということで早朝、準備を終えて車に乗ろうとしたら・・・

 霜だらけで真っ白!

 写真の方はもう融けた状態の物ですが、実際窓まで霜でびっしりで、こうなるとこれが融けるまで車は動かせません。これで予想以外の時間のロス。

 なんとか新幹線には間に合い、いざ乗り込むんですが、この盛岡までは 料金だけが「新幹線」並 の特急なので、峠道では横の国道を走る自動車に追い越されたりします。これはいつもの光景なので「想定外」ではありませんが、やっぱりこの名前と現実のギャップにうんざりさせられます。

 東京の移動中も新宿で「京王線」と「京王新線」のホームを間違え、エラい事に。たった一駅のために飛んだミスをしてしまい、「これなら歩いた方が良かった」と後悔するも後の祭り、見るつもりだった展覧会もすでに終了時刻間際になりそうなので諦めました。

08111302

 まあ、ここまでは軽いイレギュラーでしたが、最後に大きな落とし穴が待っていました。
 帰りは夜行「あけぼの」のB寝台個室とちょっとワクワク(切符のおかげで普通の寝台と同じ料金)。この寝台に限っては下段よりも上段の方が天井も高く、窓も大きく眺め(夜だけど)も良いので、偶数番の寝台がお薦めです。ちなみに私は奇数の下段でしたが。

 特に大きな問題もなく、列車は山形と秋田の県境へ。その頃に列車の揺れがひどい事に気づき目が覚めました。

「秋田は在来線の線路もボロッちいのか?」

 などと勝手に思っていたら停車。カーテンを開けるとすっかり白みかけた快晴の空の下、由利本庄駅に到着。ほどなく出発したと思ったら、またほどなく停車。
 「こんなに停車駅、あったっけ?」などと悠長に思って再び外を眺めると、

08111303

 駅どころか高速道路の高架以外、近くに人口建造物もない、田んぼの真ん中で立ち往生。車内放送によれば、車両故障のため、停車し点検と修理を行なうと言う話。「先ほどからの揺れも故障が原因?」などと考えたり、読書して過ごす事 2時間弱 ようやく運転再開。危うく代替え運転のバスに乗せられる所でした。寝台でのんびり過ごせたのがせめてもの救いで、おかげさまで持っていった本は読破する事が出来ました。

 やはり旅にハプニングはつきものですね。あまり有り難くはないけれど。


中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  web版「中野修一 絵画展」も公開中!

   http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html
  

私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
   http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/


|

« ちょっと行ってきます! | トップページ | こんな風に描いてます/その4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/25280137

この記事へのトラックバック一覧です: 列車、故障!:

« ちょっと行ってきます! | トップページ | こんな風に描いてます/その4 »