« 今回は有色下地/その2 | トップページ | 今回は有色下地/その3 »

2008年11月25日 (火)

センス以前の問題

08112501

 先週の新聞にこんなチラシが入ってました。

 眼にした瞬間、眼精疲労かなにかで自分の眼の焦点が合わないのかと思いました。「我が眼を疑う」ってまさにこういう事を言うんですね。

 最近近所にオープンした大型スーパーの広告なんですが、そこの地域の物産コーナーの写真だけがドット丸見えで、まるでサムネール画像を拡大して貼付けたみたいなんです。

08112502  「秋田のお菓子」というタイトルでくくられたコーナーなんですが、こんな写真じゃ全然美味しそうに見えません。何をどうすればこうなってしまうのでしょうか?デザインとか広告とか言う分野には全く関わった事がない私のような素人でも、この広告には違和感を覚えます。

 大きな赤丸で囲まれた中のコピーに「センスが光る」とありますが、あまりにもセンスのない広告に、それぞれのお店が苦労や努力を重ねて作ってきたモノに対する愛情どころか、配慮さえ、微塵も感じられません。

 ここまでひどい広告は、まさに「センスがない」を越えて、「モラルがない」と言った方が正しいのかもしれません。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  web版「中野修一 絵画展」も公開中!

   http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html
  

私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
   http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/


|

« 今回は有色下地/その2 | トップページ | 今回は有色下地/その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/25632827

この記事へのトラックバック一覧です: センス以前の問題:

« 今回は有色下地/その2 | トップページ | 今回は有色下地/その3 »