« 恐るべき券売機!Kaeruくん | トップページ | こんな風に描いてます/その2 »

2008年11月 9日 (日)

こんな風に描いてます/その1

08110901

 個展の最中に、よく尋ねられた事の一つが

 「この町並み、どうやって描くんですか?」

 特に凄い装置を使っている訳でもなく、何か秘密もある訳ではないので、今日はそんな話。普段絵を描かない人にはあまり面白くないかもしれませんが・・・。

 1.描くキャンバスの5分の1のサイズの下絵を作成し、
   そこに1cm間隔に縦横に線を引き、方眼を作る。

 2.キャンバスの方には5cm間隔で方眼を描く。

 3.下絵の中のビルの角のようなポイントになる点を決めて、
   それをキャンバスの中に描きます。その時長さを5倍にします。

 4.その点を線でつなげていく。

 そんな作業を繰り返して、転写させていきます。要するに下絵の1cmマスをキャンバス上の5cmマスに引き延ばすという作業を一マスずつ繰り返していくという行程です。上の写真のように線画が完成すると、後は子どもの頃にやった塗り絵と同じで、その中に色を塗っていくだけです。
 だから私の絵をよく見るとこの枠線が所々透けて見える所があります。

 ところでこの大型キャンバスに枠線を入れる作業、結構めんどうなんです。実を言うと真っすぐに見えるこのキャンバス、上に貼っている布の張力で歪んでいるんです。極端な話、大型のキャンバスになると、端と真ん中では1センチ以上長さが違います。それを忘れて、5センチ間隔をポイントをとって線をひくと、真四角ではなく菱形のマス目になる事があります。

 町並みについては、出来る限り正確に描いた方が楽です。いい加減に描いていくと、少しずつずれていき、最後には修正やごまかしが困難なほどずれてしまい、手がつけられなくなります。

08110902


 一方、動物や空、雲なんかは少しぐらい形が変わっても問題ないので、卵テンペラで大まかに描き出していきます。

 こんな感じで転写作業終了です。


中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  web版「中野修一 絵画展」も公開中!

   http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html
  

私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
   http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/


|

« 恐るべき券売機!Kaeruくん | トップページ | こんな風に描いてます/その2 »

制作日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/25156894

この記事へのトラックバック一覧です: こんな風に描いてます/その1:

« 恐るべき券売機!Kaeruくん | トップページ | こんな風に描いてます/その2 »