« 画廊への道、その4/ちょっとした工夫 | トップページ | そろそろ行きます! »

2008年10月20日 (月)

ここまでやるか?/展示プラン

08102001

 明日はいよいよ会場に行って展示作業。もうここまで来ると開き直るしかないので、かえって気持ちにゆとりができたりして。

 その展示作業を円滑に行うために、上の写真のような模型を作って、展示プランを事前に考えて行きます。実際の会場に入ってみると、光の加減などでプラン通りに行かない事も多いのですが、それでも数通りのパターンを考えていく過程で、それも頭の隅にぼんやりと残しつつ、柔軟に対応できるようにもしておき、逆に絶対変更したくない部分をしぼったりと、いざと言う時パニックにならないように、準備して行きます。

 以前あるグループ展の展示に関わった際、当日会場で展示プランが思い描けず、パネル立ての作業さえできずに時間だけが過ぎて、いよいよ焦って来て頭が真っ白になるという苦い経験から、この模型作りを始めるようになりました。

 個展なので、会場側が許す範囲内では自由に展示できるのですから、のんびりとやればいいような気もしますが、逆に自由な分、自分がしっかりしないといつまでも迷い続ける恐れもあるんです。

 会場のレンタル契約を結んだ時に頂いた平面図を参考に25分の1の会場模型と同スケールの展示予定作品のカードを作り、貼って行きます。両面テープ止めですが、後ではがし易いように、壁の方には幅広セロハンテープを貼っておきます。この処置をしておくと模型本体の壁が剥がれてくるようなこともありません。

 たかが個展ごときで、こんな物作っているのは私だけかもしれませんね。笑ってやって下さい。

 これでまた一つ仕事が片付きました。



2008 中野修一 絵画展
  日 時:2008年10月22日(水)〜26日(日)
     11:00〜20:00(最終日は17時まで)
  会 場:cocolaboratory(ココラボラトリー*ギャラリー)
     秋田市大町3丁目1-12川反中央ビル1F

2008dm

 DMの郵送希望者も募集しています。下記の中野修一公式ウェブサイト内の「問い合わせ」からメールいただければ、お送りします。

 なお、郵送の方は無くなり次第、終了致しますのであしからず。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  雪梁舎フィレンツェ賞展の入選作も公開中

  
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html
  


私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
  
http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/


|

« 画廊への道、その4/ちょっとした工夫 | トップページ | そろそろ行きます! »

個展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここまでやるか?/展示プラン:

« 画廊への道、その4/ちょっとした工夫 | トップページ | そろそろ行きます! »