« 画廊への道、その1/バス・タクシー編 | トップページ | 作品の価値とは? »

2008年10月16日 (木)

画廊への道、その2/中央通を歩く

08101501

 駅から画廊まで約1.2キロ程度、天気の良い日なら30分以内で歩ける距離だと思います。
 ということで、今回は私自身が最短距離と信じて疑わない「徒歩コース」を紹介。その名も・・・

<中央通コース>


 このコースの「良い所」は 歩道橋などの上り下りが無い事。

 逆に「悪い所」は 商店街から外れるので、退屈である。

 そんな所でしょうか?

 上の写真は秋田駅の改札口です。ここに出ましたら、右手(写真左側)へ進み西口へと向かいます。途中に動く歩道などがあります。

0810160208101603

 写真では、イベントのためフリマみたいのが行なわれていますが、普段はそんな事はありません。西口の所まで来ると十字路になっています。

 今回はここをに曲がり階段を下りて行きます。

08101604
08101605

 階段を下りきって、屋根の下を真っすぐ歩き(上の写真左)、突き当たった所で
に行きます。
 この目の前に伸びて行く広い道路が

 中央通 です(上の写真右)。

 ちなみにこの道路、とても広いですが一方通行です。こちらに向かって車がドンドン走って来ます。

 跡はこの通りをひたすら真っすぐ、川にぶつかるまで歩いて行きます。前述しましたが、ここはオフィス街の様相が強く、ウィンドウショッピングなども期待できないので、歩いていて面白みがありません。そのせいか、歩いていても、実際より長く感じるような気がします。

08101606

08101607
08101608

 川の手前に歩道橋が見えますが、これは使わずに、その下の横断歩道を渡ります。すると目の前に「旭川」があり、対岸には目的地の画廊も見えます。

08101609
08101610

 川にぶつかりましたら、左側に見える「三丁目橋」を渡り、「すずらん通り」へと入ります。
通りの入口のゲートをくぐったと思ったら、すぐに交差点があり、この交差している通りが「川反通」です。

08101611
08101612

 ここは歓楽街の一角で、もう少し暗ければ、左に折れて「ちょっと一杯」といきたい所ですが、ここは心を鬼にして に折れます。
 そこから2,30メートルも歩けば画廊に到着します。

 




2008 中野修一 絵画展
  日 時:2008年10月22日(水)〜26日(日)
     11:00〜20:00(最終日は17時まで)
  会 場:cocolaboratory(ココラボラトリー*ギャラリー)
     秋田市大町3丁目1-12川反中央ビル1F

2008dm

 DMの郵送希望者も募集しています。下記の中野修一公式ウェブサイト内の「問い合わせ」からメールいただければ、お送りします。

 なお、郵送の方は無くなり次第、終了致しますのであしからず。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  雪梁舎フィレンツェ賞展の入選作も公開中

  
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html
  


私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
  
http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/


|

« 画廊への道、その1/バス・タクシー編 | トップページ | 作品の価値とは? »

個展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 画廊への道、その1/バス・タクシー編 | トップページ | 作品の価値とは? »