« 個展を終えて/総括その3 | トップページ | 今度は根雪かな? »

2008年10月31日 (金)

黒糖のドーナツ

08103101

 個展をやっていると、時々お茶菓子がやって来ます。個展会場でお茶とお茶菓子で談笑、という光景が当たり前になって来ているのか理由は定かではありませんが、持って来て下さる方々がおります。本当は自分もそうすれば良いんでしょうが、自分がほとんどお茶を飲む習慣がないのに加え、職歴上でもそういった経験がなく、おまけに会場で茶を出すタイミングがわからない、とう言う様々な理由から,お茶を出すことがほとんどありません。故にお茶菓子はドンドン溜まっていき、仕方なく来場者の中でも時々来る子どもたちに振る舞ったりします。よくよく見てみると、とても有名なお店のものだったり、お持ちになられた方々の気遣いが感じられるものなのですが、それを利用しきれない自分が情けないです。

 そんな中でちょっと変わったおっそ分けの話。
 土曜日のもうそろそろ画廊も閉まるという時間にやって来た青年。ぐるっと作品を見てから、私の所へ来て

 「湯沢の方ですよね?川向こうの○ー○ってパン屋さん知ってます?」
 「はい、何度か行った事あります」
 「そこの黒糖のドーナツなんですけど、食べてみます?」

 というちょっと今までにないタイミングと声の掛け方に、遠慮するのも忘れ、一つ頂く事に。ある人に食べてもらおうと持って来たのですが、その人に会う事ができず、それで一つ余ってしまったという話。
 そのお店もパンは好きで時々食べたりもしていて、特に「玉葱のピザ(?正式名は不明)」が私のお好み。

 で、このときもらった黒糖のドーナツは、上にかかっている黒糖で味付けしていて、生地の方には甘みがほとんどありません、たぶん。そして何よりもこの生地の食感が良いんです。残念ながらこれは言葉で表現できませんが、「百聞は一見にしかず」ですので、ぜひ一度お試し下さい。

 実を言うと二日ほど前、あの味が忘れられず、自分でも買いにいっちゃいました。

急 告


 本日はイオン湯沢の開店日。そこの物産展のコーナーにいつもいろいろとお世話になっている

caffe gitaさんが参加します。

 「カフェオレベース」なども販売するそうですが、何とオープン当日限定で、マスター本人がお店にも立つそうです。もし見かけましたら、美味しい珈琲のいれ方でも聞いて下さい。そうそうこのお店で焙煎している豆も、凄く美味しいですよ。

中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  雪梁舎フィレンツェ賞展の入選作も公開中

   http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html
  

私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
   http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/


|

« 個展を終えて/総括その3 | トップページ | 今度は根雪かな? »

美味いもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/24885755

この記事へのトラックバック一覧です: 黒糖のドーナツ:

« 個展を終えて/総括その3 | トップページ | 今度は根雪かな? »