« ミニ・イーゼル、完成しました | トップページ | 防災訓練? »

2008年9月 2日 (火)

もうどうしようもない

08090202


 寒くなったと思うとまた暑くなる。暑いと思って油断すると、再び寒くなる。9月ってそんな季節だったでしょうか?

 おかげで子どもは、再び発熱。のどの奥が真っ赤で、白い膿みたいなものまでくっついています。私の扁桃炎のときとまるで同じ。しばらく、喉の痛みはとれないんじゃないでしょうか?楽しみにしている運動会が近いだけに、少々心配です。

08090201 そんな具合の悪くて、幼稚園のお休みのときの必須アイテムがDVD。

妻がいるときは、子どもの面倒はそちらに任せる事もできるのですが、そうじゃないと時は私の出番。仕事をしながら適当にあしらっていると、そのうちに起きだして遊び始め、再び具合が悪くなる。そんな事の繰り返し。

 仕方なく、子どもの好きなビデオやDVDをみせることになります。手抜きだし、教育上よくないと言われれば何も言えませんが。

 子どもが好きなビデオがそんなにたくさんある訳でもないので、そうなると頼りになるのは、全国展開している近所のレンタル店。品揃えも多く、料金も手頃な上、その上いろんな特割りもあるので、新作じゃなければ、手軽に借りれるのが良い所。

 ・・・しかし大きな問題が一つ・・・。

 実に傷物が多いんです。ただの小さな傷なら何も問題ありませんが、現状はそうも言っていられません。見れないんですよ、これが。どうしたらこんな傷がつくの?と思うのは私だけではないと思います。時として、無惨に削られた表面のプラスチック屑の端っこが、そのままくっついてるなんてことも。

 普通の映画なら見れないほどひどい傷にあたった事はありませんが、子どもが好きそうなDVDに傷物が多いようです。最近借りて来た「トムとジェリー」にもそんなのがあったし、「ウルトラマン」のシリーズや乗り物関係のDVDにも多く見受けられます。ひょっとすると子どもに扱わせているせいかも知れません。

 私の経験上、忙しい中で、返却分をその場でいちいち検品するのは確かに難しいし、例え見つけたとしても「あなたがやりましたね」何て言うのは、その後の展開を考えるとまず無理かな。

 しかしそんな自分たち不手際を棚に上げて、クレームを付けると返す刀で「レンズが汚れていると、そういうことも起こるんですよね」とおっしゃるのもどうかと思います。おまけにクレームをつけたDVDが、何事もなかったようにそのまま棚に戻っているのも気分の悪いものです。

 借りる方もいい加減なら、貸す方もいい加減という所でしょうか?



 引き続きウェブサイトに個展のDMを掲載しています。

 「中野修一公式サイト」のトップページにある「新着情報」からアクセスして下さい。

 もしご覧になって「これならうちのお店に置いても良いですよ」という方ありましたら、ご気軽にメール下さい。同じサイト内の「問い合わせ」からメールいただければ、折り返しこちらから連絡させていただきます。

 連絡、お待ちしております。



雪梁舎フィレンツェ賞展の展覧会が始まりました!(〜9月7日)
  雪梁舎美術館(新潟市)のアドレスはこちら

  http://www.komeri.bit.or.jp/setsuryosha/

中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  雪梁舎フィレンツェ賞展の入選作も公開中

   http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html
   ウェブ企画展『公募展入選作品展』好評開催中!

私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
   http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/


|

« ミニ・イーゼル、完成しました | トップページ | 防災訓練? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/23425034

この記事へのトラックバック一覧です: もうどうしようもない:

« ミニ・イーゼル、完成しました | トップページ | 防災訓練? »