« ピノキオ公園 | トップページ | 主役のいない物語 »

2008年9月21日 (日)

取材がうちにやって来る。

08092100


 ダメもとで、各新聞社の秋田支局に個展の案内のメールを送っています。一昔前なら、DMと作品写真を用意して封書で送る、という具合でしたが、今は写真貼付の原本を一つ作れば、後は宛名をかえて送信ボタンを押すだけ。楽な時代になりました。
 もちろん郵送している所もありますが、その際も写真をCD-Rに焼いて送ったり。写真にしても、デジタルデータに変換してさえ置けば、いつでも好きな時に焼き増しOK。絵の写真は良く歪むんですが、それもデジタルならあっという間に補正できます。経費も時間も節約できます。その分何かを置き忘れて来てるんじゃないかと、ちょっと不安にもなりますが。

 そんな広報活動のおかげで、今週、とある新聞社の方がうちに取材に来る事になりました(アトリエ片付けなきゃ)。詳細は掲載が確定してから、また報告しますが、実を言うとこの新聞社、3年前の京都での初個展の時も、(2段抜き?ぐらいの)大きな会場風景写真入りの記事を掲載して頂いた事があり(もちろんその際は京都支局ですが)、何となく縁のある会社だったりします。

 DMの写真みたいな作品を見た人の多くに「環境問題との関わり」を尋ねられます。描いた当人に全くそんな意識がないので、いつも答えが遠回しになって、結局「何となく思いついたから描きました」みたいな、記事にするにはインパクトの弱すぎる間抜けな答えしか返せません。それでもいつも記者さんの表現力のおかげで、上手い具合に書いてもらってますが。

 今回は事前の取材なので、会場風景などもありません。そんな中でどんな風に取り扱ってもらえるのか、今から興味津々です。

 後は取材から掲載の日まで、秋田県内で大事件が起こらない事を切に願うのみです。

 床屋に行った方が良いかな?



2008 中野修一 絵画展
  日 時:2008年10月22日(水)〜26日(日)
     11:00〜20:00(最終日は17時まで)
  会 場:cocolaboratory(ココラボラトリー*ギャラリー)
     秋田市大町3丁目1-12川反中央ビル1F

2008dm

 DMの郵送希望者も募集しています。下記の中野修一公式ウェブサイト内の「問い合わせ」からメールいただければ、お送りします。

 なお、郵送の方は無くなり次第、終了致しますのであしからず。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  雪梁舎フィレンツェ賞展の入選作も公開中

  
http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html
  


私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
  
http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/


08092101


 

|

« ピノキオ公園 | トップページ | 主役のいない物語 »

個展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取材がうちにやって来る。:

« ピノキオ公園 | トップページ | 主役のいない物語 »