« パネルに布貼り。その1 | トップページ | 酸っぱいブドウ »

2008年9月14日 (日)

パネルに布貼り。その2ー完成へ

08091400


 先日のキャンバス量産中の続き。

 パネルも完成し、今日はいよいよ綿布を貼っていきます。

 用意する材料や道具は上の写真の通り。ちょっと分かりにくので説明すると、

 綿布
 膠水
 チタン白
 ムードン/下地用白亜(炭酸カルシウム/胡粉でもOK)
 その他:刷毛、ヘラ、はさみ、ボール等

08091401[1]
綿布を裁断します。

 綿布は裏までかかる大きさで裁断します。ただし木枠からはみ出ないように。

08091402[2]
布を貼るための「のり」を作ります。

 膠水の容量(10)に対し、
 チタン白(3)
 ムードン(7)

 これらをダマが無くなるまで混ぜます。量はあくまでも目検討で、きちんと測った事はありません。瓶か何かを一つ用意して、定規で目盛りでも付けておけば良いかもしれません。容積の比率が分かればいいのですから。


08091403[3]
「のり」をたっぷりと塗ります。

 布をのせる前に乾かないように、たっぷりと塗って下さい。

08091404[4]
こんな感じです。

 側面はこの段階では塗りません。表面だけ塗って下さい。

08091405[5]
ヘラを使って綿布を貼ります。

 上下左右を均等に振り分けるように布をのせたら、ヘラを中心から外側に向かうように動かし、中の空気を抜きながら、シワを伸ばしながら、きれいに貼っていきます。
 推奨はゴムベラですが、こんなヘラでも十分にOK。ベニヤ板の角を落として使ってもできます。

08091406[6]
布の四隅を切り落とします。

 パネルをひっくり返して、四隅を切り落とします。耳を残しておくと後できれいに仕上がります。
 以前、布を貼る前に四隅を裁断して、貼った時の水分で布が伸び、角が合わなくなった事がありました。それからは四隅を落とすのは、表面を貼ってからにしています。

08091407[7]
布の四隅を貼り込んでいきます。

 側面と裏面に「のり」をたっぷりと塗ります。1面ずつ塗り、布を貼り終わったら、次の面、という風に塗ります。

08091408[8]
ヘラを使って貼っていきます。

 表と同じように、軽く布を引っ張りながら、空気を抜くようにヘラで貼っていきます。
 側面を貼ったらそのまま裏面まで貼ります。
 写真では忘れてますが、最初に耳から貼っていった方が良いです。

08091409[9]
これで一面クリア!

残すはあと三面です。布の折り目が弛み易いので注意して下さい。

08091410[10]
貼り込み完成!

もう一息です。

0809141108091412
08091413[11]
全体に「のり」を塗っていきます

 貼り込んだ布の上から、もう一度「のり」塗っていきます。全体にしみ混むように、まんべんなく塗ります。

08091414[12]
天気のおかげで、3時間ほどで完全乾燥

 ムードンは被覆力が弱いので、こんな風に下の印刷が透けて見えます。
 ここから下地を塗っていきます。

08091415[13]
下地材を塗ります。

 膠水の容量(10)に対し、
 チタン白(6)
 ムードン(4)

 今度は被覆力バツグンのチタン白を多くした物を塗ります。側面と表面だけで、裏面には塗らなくても良いです。

08091416[14]
塗り終わった直後はこんな感じです。

 一度縦に塗ったら,次は横に、という具合に刷毛目を交差させて塗っていきます。もちろん乾いてからです。二度目が十分乾いたら、サンドペーパーをかけて、表面を研磨してから、3度目を塗って下さい。かなり平滑な画面が出来上がります。お好みに合わせて、このペーパーがけと塗装を繰り返してください。

以上で完成です。何かご質問等ありましたら,コメント欄でお尋ね下さい。長々のお付き合い、誠にありがとうございました。

なお参考にしました文献は以下の通りです。
 絵画技術入門/佐藤一郎 著/美術出版社 刊



 引き続きウェブサイトに個展のDMを掲載しています。

 「中野修一公式サイト」のトップページにある「新着情報」からアクセスして下さい。

 郵送希望者も募集しています。同じサイト内の「問い合わせ」からメールいただければ、お送りします。9月中旬過ぎの発送を予定しております。もう少しお待ち下さい。

 なお、郵送の方は無くなり次第、終了致しますのであしからず。



中野修一公式ウェブサイト/この世界のカケラを眺めながら
  雪梁舎フィレンツェ賞展の入選作も公開中

   http://homepage.mac.com/sekainokakera/index.html
   ウェブ企画展『公募展入選作品展』好評開催中!

私の作品が西脇市サムホール大賞展に入賞しました。
   http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/thumbhole/


|

« パネルに布貼り。その1 | トップページ | 酸っぱいブドウ »

制作日記」カテゴリの記事

コメント

taiyoo 様
コメントありがとうございます。

参考にして頂き、嬉しい限りです。
また何かご不明な点や、改善した方が良い点、実際に使って気になる事などございましたら、ご一報下されば幸いです。

最近、別の大学で行なわれたパネル作成の資料も手に入れましたので、そちらの方も、近いうちに試してみたいと思いますので、楽しみにしていて下さい。

投稿: 中野 | 2009年10月28日 (水) 05時11分

はじめましてart
日本画のパネルに綿布を張りたいと思っていました。
HPを友達から聞きましたので拝見させていただきました。
早速やってみたいと思います。
有難うございました。

投稿: taiyoo | 2009年10月27日 (火) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/23728371

この記事へのトラックバック一覧です: パネルに布貼り。その2ー完成へ:

« パネルに布貼り。その1 | トップページ | 酸っぱいブドウ »