« ダーク・ナイトを見る | トップページ | ミニ・イーゼル、完成しました »

2008年8月31日 (日)

カジュアルなアート

08083102 先輩の作品を見に、秋田市まで行って来ました。「秋田現代美術展」です。開場したばかりの時間でしたが、けっこう入場者も多く、秋田国展のときもそうでしたが、今更ながら美術愛好家の多さに驚かせれます。

 そうそう、その辺りの仲小路を中心に「カジュアルアーツフェスタ'08」というのが開催されているようなんです。
 が、さっと歩いた感じではどこに何があるのかよく分かりません。でもよくよく見るとこんな風車が飾ってあったりして・・・。
 でも、イベント中ということを知らなければ、素通りしてしまいそう。アーツフェスタということですが、「カジュアル」ということで、案外、控え目に展示しているのかもしれませんね。

 前述の映画の後、アトリオンに戻り「アートEXHIBITION」(どうして英語とカタカナなんだろう)を見ました。いろんな所にいろんなことをやっている人がいるんだなぁ、というのが正直な感想でした。

 何か街全体が『アート』というキーワードで一つに盛り上がっていないような気がして、そこがとても残念です。価値観が多様化してしまった現代では、例え普段着な「カジュアル」であっても、そのことを声高に訴えなければ人々には届かないような気がします。

 それともう一つ、いろいろの手段や経験として「アート」と呼ばれるものを、利用したり取り入れたりするのは、とても有意義で大切なことだと思います。が、一方でそんな風にできた作品を、全ての人が好意的に受け入れて、見てくれるとは限らないということです。
 作り手にとっては「宝物」であっても、見る側がそれを必ずしも「アート」と見なすかどうかは、また別の問題のような気がします。だから「行為の結果として出来上がったもの」と「アートとして(例え不完全であれ)完成を目指して作られた作品」を、狭い一つの会場の中に同時に並べられると、正直、私などは見ていて当惑してしまいます。

「カジュアル」という言葉にはいろいろな意味があります。主催者の思いがどうあれ、最終的にその意味を決めるのは、そこに展示されている作品の質と、それを見る人たちなのかも知れません。そしてもう一度、「アート」いう言葉のもつ「本来の意味」を考えてみなければならないのかもしれません。

 こんなことはアンケートにでも書いて出せば良かったんですが、気になることもあったんで、あえてこんな所に書きました。

皆さんはどう思われますか?



 引き続きウェブサイトに個展のDMを掲載しています。

 「中野修一公式サイト」のトップページにある「新着情報」からアクセスして下さい。

 郵送希望者も募集しています。同じサイト内の「問い合わせ」からメールいただければ、お送りします。9月中旬過ぎの発送を予定しております。もう少しお待ち下さい。

 なお、郵送の方は無くなり次第、終了致しますのであしからず。



|

« ダーク・ナイトを見る | トップページ | ミニ・イーゼル、完成しました »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/23371669

この記事へのトラックバック一覧です: カジュアルなアート:

« ダーク・ナイトを見る | トップページ | ミニ・イーゼル、完成しました »