« 贅沢は蜜の味! | トップページ | 黒電話 »

2008年7月 4日 (金)

珈琲のカヲリ

08070403いつものカフェで買った豆でコーヒーを入れる。入れ方を教わった事もないし、何かで勉強した事もない。マスターに聞けば、きっと色々アドバイスしてくれるのだろうけど、今更恥ずかしくって聞けない。

同じ豆なのにどうしてこんなにちがうんだろう?やっぱり長年の経験と感や学んで来た技術って言うものは侮れない。だから私が上手に入れられなくたって、それは仕方がない事なのだ。(もちろんこれは少々のあきらめもブレンドされた言い訳!)

でもよく考えたら、焙煎してくれた人や豆自体にも申し訳ない話。自分の技術が少しずつでもいいから、日々進歩する事が、せめてもの償い?

なんて事をそこはかと考えながら、やっぱりあのお店で飲むのが一番、そして自分で入れたのが(かなり遅れて)二番と、勝手に思うことにしたコーヒーブレイクのひと時です。




|

« 贅沢は蜜の味! | トップページ | 黒電話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1039600/22067687

この記事へのトラックバック一覧です: 珈琲のカヲリ:

« 贅沢は蜜の味! | トップページ | 黒電話 »