« 被害が深刻化している模様 | トップページ | 風の噂 »

2008年6月14日 (土)

天気が心に及ぼす影響


午後1時を過ぎた頃から、少し余震の数も減ったような気もする。ただ間隔が広い分、心の準備ができていず、かえって驚きも大きかったりします。
この辺りは一時期、雲の切れ間から日差しがこぼれ、辺りが明るくなりました。それと時を同じくして余震も少なくなったせいか、少し気持ちが落ち着いてきます。日差しが出ているかどうかで、気持ちが浮き沈みしている自分に気がつきました。そして今(午後3時10分)、再び雲が厚くなってきて、辺りが暗くなると、また少し気持ちも暗くなってきます。



|

« 被害が深刻化している模様 | トップページ | 風の噂 »

岩手・宮城内陸地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天気が心に及ぼす影響:

« 被害が深刻化している模様 | トップページ | 風の噂 »